万が一素行調査が失敗した時

探偵の素行調査が何らかの理由で、万が一失敗した場合は素行調査の再開が行われる場合と、行われる事がない場合の両方が存在しますが、一般的には素行調査が失敗した場合は、料金は一部を依頼主に返還し、必要経費だけをもらうという方法と取っているところが多いようです。

ただ素行調査の失敗というのは、料金の返還だけでは済まないケースが多く、その後、素行調査をされた側から何らかのリベンジをされたり、民事裁判で訴えられる可能性がありますので、もし失敗した場合は一大事です。しかしもし民事で訴えられた場合は、探偵を雇い素行調査を行った経緯や目的を弁護士へしっかりと話したうえで、法廷に臨まなくてはなりません。探偵に素行調査を依頼するという事はそれなりに怪しいフラグがいくつもあり、そのフラグを証明する為に探偵を雇ったわけですから、それに対して違法性はなく正当性があります。

しかし問題は素行調査対象者が反社会的勢力であるような場合で、探偵の素行調査が判明してしまった場合は、極めて暴力的なリベンジで反撃してくる可能性がありますので、毅然と対応する前に場合によっては所轄の警察へ相談し、警察本部の暴力団対策の専門家を交えて協議した方が良い場合があります。ただこれらは最悪の自体であり、殆どの素行調査は素性が判明する前に素行調査を中止し、身の安全の確保を優先します。従ってこういった事はあまりないのですがもし起きた場合のリスクヘッジはしておく必要あります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ