行動調査にかかる費用は闇が多い

素行調査や行動調査にかかる経費に関しては理解できても、成功報酬がなぜその金額なのか、また報告書作成にかかる費用や着手金がなぜそんなにもするのかが時としてわからない探偵事務所があります。

行動調査や素行調査というのは、尾行や張り込みがメインとなりますので、どうしても移動や待機にかかる費用負担が発生しますので、ある程度の範囲内は目を瞑る必要がある時もあります。しかし必要経費も物には限度があるわけで、行動調査や素行調査の宿泊費にどうしてそこまでの金額のホテルに宿泊する必要があるのか、謎な探偵事務所が時々あるのも事実です。

そんな時は、予め探偵事務所にある報酬規程の細部まで確認することが必要です。例えば探偵事務所では尾行や追跡においてやむを得ず、宿泊が必要になった場合は素行調査対象者がいる位置から、何メートル以内のホテルに宿泊する決まりとなっており、またその際にかかるホテルの費用は1泊いくらいないという規定があるはずです。まずはそれに一通り目を通した方が良いでしょう。

そして報酬規程の詳細に記載がないようであれば、必要以外の経費という形で請求される場合がありますので、見積もり段階でできるだけ避けるようにした方が良いかもしれません。多くの探偵事務所は料金表なり、報酬規程のルールブックが必ずありますので、まずは見積もり時にそれを提示してもらうようにしなくてはなりません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ